ASSEMBLE / 組立

Rabbit Street・MOON bikes では、お客様が安全で快適なライドができるようにバイクの組み立てを行っています。
ご成約されたバイクをお取り寄せなどで組み立てる際の納期として、1~2週間いただくことが多いです。
お客様の中には、「何故そんなに時間がかかるのですか?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そこで、気になる組立作業の様子を少し覗いてみましょう。
お客様がご購入のバイクはこのような手順で組み立てられるのです。


箱出し

完成車の場合、「七分組」と呼ばれる状態でメーカーさまから店舗に送られてきます。
ある程度のパーツが工場で車体に組み付けられ、梱包されています。
まずは梱包を解き、お客様のバイクに輸送中の傷がついていないかなど、商品のチェックを行います。


分解

せっかく工場で組み付けられたパーツですが、必要に応じて外したり分解したりします。
組み付けトルクのチェック・音鳴りなどトラブルが起きやすい部分への対策なども含めて、車種によってはフレームだけの状態まで分解することもあります。


ホイール調整

ホイールからタイヤとチューブを外します。
リムテープが正しくセットされているか・チューブがねじれてないかなどのチェックを行います。
専用の作業台で横方向と縦方向の振れを調べ、必要があればスポークの張りで調整します。
別の専用工具でホイールの中心がずれていないか、同時に調べて調整します。
ベアリングの回転状態のチェックと調整が終われば、気持ち良く回転するホイールの完成です。


BB・ヘッドパーツ

ボトムブラケット(BB)、とヘッドパーツはフレームの中でも大きな荷重のかかる場所です。
正しい組み付けとグリスアップが重要です。
それぞれのパーツメーカーに合わせたグリスやケミカルを選び、できるだけ性能が長く維持できるように組み付けます。
音鳴りが起こりやすいデリケートな部分でもあり、組み付けの中でも気を遣う箇所です。


エンド修正

リアの変速機は直接フレーム取り付けられているのではなく、“ディレーラーハンガー”という部品に取り付けます
変速機が何かにぶつかったりした際に曲がるようにできていて、フレームへのダメージを防ぎます。
このパーツがフレームに対して真っすぐに取り付けられているかをチェックします。
新車でも僅かに調整が必要な場合があり、専用工具でアライメント補正を行うことで正確な変速が行えるようになります。


パーツ取り付け

正しいトルクで取り付けができるように、必要な部分にグリスアップをしながら各パーツを取り付けます。
場合によっては、サドル・レバーなどの位置や角度をお客様から事前にお伺いし、位置を合わせることもあります。
お客様のリクエストに応じて、こだわりのカスタマイズも可能ですので、組み立て前に是非ご相談ください。
パーツとホイールの組み付けが終われば、いよいよバイクの形になってきましたね。


ワイヤールーティング

ワイヤーやホース類の長さは、工場出荷時では余裕のある長さに設定されてます。
そのまま組み立てると長すぎるため、適正な長さにカットします。
ハンドルがしっかり左右に切ることができ、最低限の調整のゆとりを残しながら、見た目にも美しく仕上げます。


調整

機械式・油圧式・電動タイプ、調整方法は様々ですが、変速・ブレーキのフィーリングやレスポンスがベストになる様ように調整させて頂いてますいたします。
組み立ても最終段階。メカニックは妥協せず、納得のいくレベルになるまで作業します。


仕上げ

バーテープを巻いていよいよ完成です。
付属品も併せてご購入の場合は、仕上げ段階で取り付けいたします。
仕上がったバイクはダブルチェックの後ワックスで拭き上げられ、納車当日を迎えます。
そこにお客様の笑顔があるようにという思いを込めながら
今日も1台1台組み立てられています。



そこにお客様の笑顔がある様にという想いを込めながら
今日も1台1台組み立てられています。