• cannondale
    • 2018 SLICE 105
    • 分類: SALE
    • カラー: REP
    • サイズ: 54
    • メーカー希望小売価格:
      300,000円(税抜)
    • 価格: 売り尽くし大特価!(税抜)
    • cannondale
    • 2017 RACE 24
    • 分類: SALE
    • カラー: ブラック/グリーン
    • メーカー希望小売価格:
      60000円(税抜)
    • 価格: 売り尽くし特別価格!(税抜)
    • cannondale
    • CAAD12 FRAMESET LASTDANCE!
    • 分類: SALE
    • 価格: Instagramにて(税抜)
    • cannondale
    • 2019 SCALPEL-Si CARBON 4
    • 分類: NEW MODEL
    • カラー: BPL
    • サイズ: S
    • メーカー希望小売価格:
      450,000円(税抜)
    • 価格: SPECIAL PRICE!!
      (税抜)
    • cannondale
    • 2019 SUPERSIX EVO Hi-MOD ULTEGRA
    • 分類: NEW MODEL
    • カラー: REP
    • サイズ: 50
    • メーカー希望小売価格:
      490,000円(税抜)
    • 価格: SPECIAL PRICE!!
      (税抜)
    • cannondale
    • ж2019 SYNAPSE CARBON DISC 105 SE 51サイズ GRAカラー
    • 分類: NEW MODEL
    • カラー: GRA
    • サイズ: 51
    • メーカー希望小売価格:
      ¥290,000円(税抜)
    • 価格: Instagramにて(税抜)
    • cannondale
    • ж2019 QUICK 7 Mサイズ BLUカラー
    • カラー: BLU
    • サイズ: M
    • メーカー希望小売価格:
      ¥55,000円(税抜)
    • 価格: Instagramにて(税抜)
    • cannondale
    • ж2018 TRIGGER 1 Mサイズ DTEカラー
    • カラー: DTE
    • サイズ: M
    • メーカー希望小売価格:
      ¥950,000円(税抜)
    • 価格: Instagramにて(税抜)
    • cannondale
    • ★2017 SLICE 105 REPカラー 54・57サイズ
    • カラー: REP
    • サイズ: 54・57
    • メーカー希望小売価格:
      ¥300,000円(税抜)
    • 価格: Instagramにて(税抜)
    • cannondale
    • 2016 TRAIL 16 SINGLE SPEED BOY’S COBカラー
    • カラー: COB
    • サイズ: OS
    • メーカー希望小売価格:
      ¥32,000円(税抜)
    • 価格: Instagramにて(税抜)
    • cannondale
    • 2017 RACE 24 BOY’S OSサイズ BLKカラー
    • カラー: BLK
    • サイズ: ONE SIZE
    • メーカー希望小売価格:
      ¥60,000円(税抜)
    • 価格: Instagramにて(税抜)
    • cannondale
    • 2019 SYNAPSE CARBON DISC 105
    • 分類: NEW MODEL
    • カラー: Graphite
    • サイズ: 51
    • メーカー希望小売価格:
      290,000円(税抜)
    • 価格: お問合せ下さい
      (税抜)
    • cannondale
    • 2019 QUICK 7 WOMEN’S
    • 分類: NEW MODEL
    • カラー: TNG
    • サイズ: S
    • メーカー希望小売価格:
      55000円(税抜)

自転車にはクルマのように運転免許証がないため、自由に乗ってもいいと勘違いされている方もいらっしゃいますが、 自転車は道路交通法では軽車両となり、クルマと同じ分類。原則的に歩道の通行は禁止です。車道の左側を走るようにしましょう。 また、携帯電話をいじりながらの走行やヘッドフォンで両耳を塞ぎながらの走行も違反行為。 常に周囲の安全に気を配りながら、サイクリングをたのしみましょう。